• アクセスはこちら
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0120-327-357 

平日9:00~18:00  
土・日・祝日・夜間も相談可能!

【注意が必要です!】相続放棄の失敗事例

相続放棄の失敗事例①:相続放棄の3ヵ月の期限を過ぎてしまった

父が亡くなったため、父の部屋を掃除していると借金の請求書がたくさん出てきました。

相続人全員で話し合い、相続放棄することを決意しました。

第一順位の相続人から第三順位の相続人までの全ての戸籍を収集したりと、不慣れな作業であったため、かなり時間がかかってしまいました。

準備ができ、家庭裁判所に書類を持ちこむと、相続放棄の期限3か月が経過してしまっているため受理できないとのことでした。

結果として、第一順位の相続人が父の全ての債務を承継することになってしまいました。

注意が必要です!相続放棄の期限は3カ月!

1.相続放棄をするためには相続開始を知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に申請をする必要があります。
2.一人が相続放棄をすると、相続は借金も含め法律で定められた相続の順位に従って、どんどん巡り巡って、責任(借金返済の義務)が転嫁されます。
3.相続する財産を選ぶことはできません。

限定承認をする場合を除いて、「全て相続する」か「全て放棄する」ことしか選ぶことはできません。

自分の家族や親戚などが多額の借金などを作っているなどの話を聞いた場合や、事業を営んでいて保証人になりやすい環境にいる場合には注意が必要ですし、調査が必要です。

疎遠な親戚のために借金を背負ってしまい、自分の大事な人生がめちゃくちゃになってしまってはかないません。

また、特に3ヶ月を経過した場合には、陳述書の書き方があいまいなことが原因で、家庭裁判所に相続放棄の申し立てが受理されないこともあります。

このような人生を変えてしまうリスクを確実に回避するためにも、相続放棄の専門家である司法書士に調査、手続きを依頼されることをお勧めします。

自筆で「相続放棄をします」と書いても誰も認めてくれません。

当事務所は3カ月を過ぎた相続放棄についても積極的に対応しております。お気軽にご相談ください。

相続放棄サポートについて詳しくはこちら>>

相続放棄の失敗事例②:家庭裁判所への申述をしていなかった・・・

父がなくなった後に多額の借金があることが分かりました。

相続人である私達は、相続を放棄する意思を父の債権者に伝えたうえで、相続放棄をしますという書面を債権者に送っていましたが、家庭裁判所への申述を行ってはいませんでした。

父が亡くなってから数か月が経過し日、債権者から借金の督促が来ました。

私たちは既に相続放棄しているつもりでいたため、全て無視していました。

しかし、無視していると債権者より訴訟を提起されてしまいました。

その結果、家庭裁判所への申述を行っていないとの理由で、債権者の主張が全面的に認められ、父の借金を全て支払うことになりました…

相続放棄の申述は家庭裁判所へ必ず行う必要があります!

上記の事例のように、他の相続人や債権者に相続放棄の意思表示をしただけでは相続放棄したことにはなりません。

相続放棄の申述は必ず家庭裁判所に対して行う必要があります。

相続放棄の失敗事例③:相続放棄をしたが争族トラブルになりそうだった・・・

親が亡くなり、相続人は妻と子供2人でした。父親は持ち家に妻と二人で住んでおり、500万円の預金と父親受取人の生命保険金3000万円が相続財産でした。

子供たちも自立していましたので、話し合いの結果母親(妻)に全部遺産はあげようということになったのですが、その方法がトラブルの原因でした。

子供たちは、母親に遺産を全部あげるために相続放棄の方法をとってしまったのです。

確かに、場合によっては相続放棄をすることで放棄しない他の相続人に全部遺産を相続させることはできます。

今回の場合でいうと、他の相続人が母親一人であれば子供たちは相続放棄してもよかったのです。

しかし、今回の場合にはそうではありませんでした。

父親には兄弟が3人いたのです。

これが大きなトラブルのもとでした。

法定相続人という民法の規定がありますが、相続が発生したときに相続人となれる人は、配偶者(この場合では妻2分の1)と子(この場合では長男と次男) です。

子が全員相続を放棄した場合には、次の候補である親が相続人になり、親が既に亡くなっている場合には最後の候補である兄弟姉妹が相続人となる のです。

この場合には、長男と次男が相続を放棄したことにより、妻と父親の兄弟が相続人となるのです(父親の親はすでに亡くなっています)。

父の兄弟は自分たちが相続人になったことを知ったとたんに遺産分割を要求してきました。

結局、父の兄弟の法定相続分の2000万円を生命保険金からまかなう羽目になってしまいました。

母親のためにわざわざ相続放棄の手続きをとったにも関わらず、全く異なる結果を生じさせてしまいました。

これも専門家に任せずに自分だけで相続放棄ができると判断して行動した結果です。

どんなカタチでも一度は専門家に相談してみると良いと思います。

この記事を担当した司法書士

みなみ司法書士事務所

代表

光山 仁煥(みつやま ひとし)

保有資格

司法書士、簡裁訴訟代理等関係業務認定、一家族信託普及協会正会員、日本財産管理協会認定会員、 成年後見センター・リーガルサポート登録司法書士

専門分野

相続・遺言・民事信託

経歴

みなみ司法書士事務所の代表を務める。生前におけるご自身の「財産管理」のサポートから亡くなった後の相続手続きまで最適なサポートを実施している。現在では民事信託にも力を入れており、相談者からの信頼も厚い。また、相続の相談件数1200件以上の経験から相談者からの信 頼も厚い


専門家紹介はこちら
サポート料金

主な相続手続きのメニュー

ご相談が多い相続手続き一覧

相続手続きのご相談をご検討の皆様へ

ご自身で手続きを進めようとお考えの方も注意が必要です

  • こんなに大変! 戸籍取得をする方法 法律知識が必要で手間がかかる こちらをクリック
  • 注意が必要です!ご自身で取り組む場合 相続手続ワンストップサービス こちらをクリック
  • 相続に特化!当事務所の取り組み 当事務所が選ばれる理由 こちらをクリック

相続のご相談は当相談室にお任せください

  • たくさんの”ありがとう”をいただきました!ご相談者様の声
  • 実際にご依頼いただいたご相談をご紹介!当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 相談の流れ
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • 相続手続きを…

    書類提出が遅れ遅れになっても、親切に対応していただき安心しておまかせ出来た。

  • 家族信託をさ…

    私のささいな質問に対していつも気持ちがよく応えて頂き、感謝申し上げます。 お陰様で家族信託が成立し、本当にほっとしております。 ありがとうございました。どうぞこれからも宜しくお願い申し上げます。

  • 相続放棄をさ…

    確実に依頼を遂行して頂けます。 相談の段階でかなり安心出来ます。 電話での対応もていねいでした。 有難うございました。

  • 相続登記をさ…

    紹介によりお願いしましたが、こちらの都合に合わせていただき大満足です。 すばやい対応でとても安心しておねがいできました。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP